海の上の診療所もついに最終回!

片っ端からヒロインに振られてきた

航太についに春がやってきます。

 

誰と結ばれるか・・・は

今まで見てきた視聴者はみんな

気付いてますよね。

 

それでは感動し、心温まる

最終回のネタバレと感想を書いて

いきたいと思います。

 

ライアーゲームではクールな

印象の松田翔太が、この

「海の上の診療所」では、

180度逆のちゃらいナンパ男に

なっているのがまたはまって

いて面白いんです!

 

海の上の診療所は

FODを使えば全話一気に見れますよ!

 

FODをチェック!

無料トライアルを使えば

一気に全話無料でも見れちゃいます!

>>FODプレミアムの評判は?お試しの流れと解約方法を解説

航太のいない診療所

ある朝、船の責任者である

日内 晃は船長の海藤 剛に

問い詰められていました。

晃は副理事長(高橋ひとみ)の

指示で契約期間満了に伴い

航太(松田翔太)との契約を打ち切り、

船から追い出してしまった事情を

説明します。

 

眞子(武井咲)をはじめとしてみんな

で晃を非難しますが、晃は自分も

苦渋の決断であったことを告白します。

 

そこに問題の副理事長が

突然やってきます。

 

副理事長は海診丸の状況を

視察にきて、廃止にするかどうか

判断するためにやってきたのでした。

 

ミナちゃんミナちゃん

副理事長はもともと赤字
の海診丸の運営に否定的
な態度でしたからね!

 

離島に住んでいる人の人口が

減ってきているので、海運丸の

運営に費用を割きたくないとの

事情を副理事長は説明します。

 

さらには

また島の行く先々で出会った

女性に恋して船を降りると

騒ぎを起こしている航太を

問題視していたのです。

 

そこに航太が解雇されたことを

一番納得してない眞子がきつい

言葉で抗議します。

 

「航太先生は確かにいい加減な

ところあるけれど、いろんな人

を助けてきた!

航太はこの船にどうしても

必要な人だ!人件費を削減したい

なら自分が代わりに船を降りる!」と

 

ずっと航太を一番近くで見てきた

眞子の素直な気持ちでした。

 

ですが副理事長は取り合いません。

 

その頃航太は?

その頃航夫(松田翔太)は離島の老人、

典夫の家でお世話になっていました。

 

航夫は典夫の孫の歩に典夫の

具合が悪いことを知らされ、診療して

あげたお礼として典夫の家に泊めて

もらっていたのでした。

 

典夫の実家には妻が亡くなった

典夫をなぐさめるために多くの

親戚が集まっていました。

 

典夫は死んだ奥さんと唯一

一緒に撮った写真を航太を見せ、

これが妻の形見になったこと

伝えます。

 

孫の歩に眞子たちがこの島に

聞かされる航太でした。

 

ミナちゃんミナちゃん

実はすぐ近くにいたんですね!

 

副理事長に抗議する
船長たち

島の患者を見に行っている

眞子を除いた船長や内村 葵

たちは「航太を船に戻さないなら、

全員船を降りる!」と

副理事長に辞表を叩きつけます。

 

これはどういうことか?と問い

詰める副理事長に対して、

航太一人を切り捨てて保身を

図ったことに後ろめたさを

持っていた晃は自分も一緒に

船を降りる!と言い出します。

 

ミナちゃんミナちゃん

みんなが航太のことを
大切な仲間と思っている
心温まるシーンですね!

 

ですが、副理事長は

「それならば全員船を降りなさい!」

と突き放して辞表を受け取って

しまうのでした。

 

想定外の反応に青くなる一同・・・

 

眞子への気持ちを
語る航太

母親の店の常連客から航太に

突然電話がかかってきました。

 

常連客は母親の具合が悪いよ

うだと伝えると航太は急遽

北海道の実家に帰ることを決め、

帰りの船までの道を歩に案内

してもらうことになりました。

 

歩は眞子に過去に助けてもらった

ことがあり、その時から眞子に

あこがれて自分も看護師になって

眞子と一緒に働くのが夢なのだと

航太に語ります。

 

ミナちゃんミナちゃん

この歩ちゃんって女の子も
すっごくかわいらしいんです

 

歩は航太に眞子のことをどう

思っているのか聞いてきます。

 

航太は自分に対しては怒りっぽいし

すぐスリッパで叩いてくるし、

可愛いけど可愛げがない!

と言いますが、歩はその話している

感じから女の感で航太が眞子に

好意を持っていると感じました。

別れ際、歩は航太にミカンを

ひとつくれたのでした。

 

その頃、眞子も回診で訪れた

患者さんからミカンをもらって

一人で歩いていました。

 

二人は別々の場所で海を

眺めながら、みかんを頬張るのでした。

 

典夫の家で火事が!

眞子が回診を終えて民家から出ると

外は騒ぎになっていました。

典夫の家で典夫の奥さんの仏壇

のろうそくが倒れ、大火事になっ

ていたのです。

 

そのころ海新丸では辞表を

叩きつけたけど、副理事長から

予想外の反応され、悩んでいる

みんながいました。

 

「みんなで一斉に副理事長に

土下座して許してもらおう!」

と情けないことを

言い出す船長、

 

「やりましょう!

謝るのは僕得意です!」

 

とこれまた情けないことを

自信満々に語る晃

 

そこに電話がかかってきて、

典夫の家が火事になり、多くの

怪我人が出て海診丸に搬送される

ことを一同は知らされます。

 

火事の現場に駆け
付ける 眞子

眞子が火事の現場に駆け付けると

そこには歩の姿が。

 

歩は家の中には奥で寝ていた

祖父の典夫が取り残されている

ことを眞子に伝えます。

 

眞子は救出のために、危険を

承知で火の燃え盛る家の中に

飛び込みます。

 

その頃

海診丸は火事で搬送されてきた

怪我人でいっぱいでした。

 

内科医の葵が船のみんなに

指示を出しています。

 

一方、家の奥にはやはり逃げ

遅れた典夫の姿がありました。

 

眞子は典夫に肩を貸して、

逃げ出そうと試みますが、

重くてなかなか動けず周りは

どんどん火が迫ってきて・・・

 

というタイミングで航太が

現れます。

 

二人で典夫をかついで何とか

家の外に出します。

 

でも、その直後航太は

ちょっと行ってくる!と言って

再び燃え盛る家の中に飛び込みます。

 

その直後、家全体が燃え盛り

航太が死んでしまったと思い込んだ

眞子は航太の名前を泣き叫びますが

その背後に航太が現れます。

 

ミナちゃんミナちゃん

航太はこのとき典夫の
大事なものを取り
に行ってたんです!

 

安心した眞子は思わず

航太に抱き着きます。

 

海診丸にて手術

眞子が最後の患者である

典夫を連れて海診丸に戻ってきます。

航太も一緒だったのでみんなは驚きます。

 

典夫が心配でついてきた歩は

航太に「おじいちゃんを助けて!」

と頼みます。

「大丈夫!僕たちに任して!」

と励ます航太

 

しかしそこに副理事長が

立ちはだかります。

 

すでに契約を打ち切って

部外者の航太に処置を

させるのは私が認めない!と

航太を止めようとします。

 

しかしそこに眞子と葵が

抗議します。

 

「誰かなんて関係ない!

私たちの使命は苦しんで

いる人を救う事なんです!」

 

といって副理事長の言葉を

無視して処置室に航太を

入れるのでした。

 

船では責任者の晃や普段患者の

面倒を見ない船長たちまでもが、

多すぎる患者の処置に追われて

いました。

 

副理事長はみんなの懸命な姿を

呆然と見守っていました。

 

そして処置室では航太が

典夫の処置を開始します。

 

ミナちゃんミナちゃん

このドラマ最後の手術シーンですね!

 

歩は船のみんなが忙しすぎる

様子を見て幼いながらも患者さんの

処置を手伝おうとします。

 

その様子を見かねた副理事長

までもが歩と一緒に患者さんの

包帯を巻くのを手伝うのでした。

 

船を去る航太

無事典夫の処置を終えた航太は

歩に「もう大丈夫!」と安心

させます。

 

典夫のもとに向かう歩と航太。

航太の手には典夫が形見と

言っていた唯一死んだ奥さん

と一緒に撮った写真が握られ

ていました。

 

航太はこの写真を回収するために

危険を冒して一人で火事の家の

中に戻っていたのでした。

 

典夫は涙を流して航太に

感謝の言葉を伝えます。

 

歩が眞子のことをいっぱいお手伝い

したことを航太に伝えると

「きっと歩ちゃんも将来立派な

看護師さんになれるね!」

といって歩を喜ばせるのでした。

 

やっと処置を終えて、落ち着く

海診丸の一行

 

晃は、船を守るためとはいえ、

航太を切り捨てて、保身を

図ったことを謝罪します。

船長は全員で改めて副理事長

を説得して航太が船に残ること

を認めさせたのでした。

 

しかし

航太は病気で倒れた母親のために

船を降りて北海道に戻ることを

伝えます。

 

迷惑をかけたので、しばらく

実家で母親の面倒を見るつもり

だったのです。

 

船のメンバー全員に心のこもった

お礼の言葉を伝えます。

 

ミナちゃんミナちゃん

惚れた女性以外の理由で
航太が船を降りると
いったのはこれが初めて
でした。

 

なので全員何も言えずに去って

いく航太を見守るのでした。

 

航太は海診丸に頭を下げると

船を去って行ってしまいました。

 

船を去る副理事長

火事の騒動で海診丸の価値を

見直した副理事長は今度の理事会

で海診丸の廃止について提案する

のはやめたと晃に告げます。

 

しかし予算はきっちり守るように!

と言い残して副理事長は去って

いきました。

眞子の秘められた
思い

航太が去ってしまった後、

一人、部屋にこもる眞子、

眞子は航太にプレゼントされた

クリスマスのナイトクルージングの

チケットをそっと箱にしまいます。

 

そこには過去に航太が女性に

振られた後に慰める眞子に対

してふざけてプレゼントした物

がいっぱい入っていました。

 

それら一つ一つを手に取って、

その時々の航太との思い出を

脳裏に蘇らせながら微笑む眞子。

 

航太にとっては冗談のつもりで

渡したもの一つ一つが眞子に

とっては大切な宝物になって

いたんですね。

 

ミナちゃんミナちゃん

もう眞子の気持ちは明らかですよね!

 

航太が実家に帰ると?

 

航太が実家である北海道の

居酒屋にたどり着くと、店には

明かりがついており、普通に

営業されていました。

 

航太は不思議に店に入って母親に

どういうこと?大丈夫なの?

と問い詰めます。

 

可愛い女性をゲットしようと

ナンパしまくってきた航太ですが、

その理由の一つは早く身を固めて

シングルマザーのお母さんを

喜ばせてあげたいというの

ものだったんです!

 

母は病気になったのではなく、

妊娠でつわりがひどくて倒れた

だけだったのです。

 

母親は病気で苦しんでいたのでは

なく、恋人ができたことも妊娠した

ことも航太にいえずに悩んで

いただけなんです。

 

ミナちゃんミナちゃん

そりゃ29歳の息子がいる
シングルマザーが今更妊娠
するなんて誰も予想して
ないのでびっくりですね!

 

その場には母親の恋人である

男性もいて、航太に「お母さんを

僕にください!」と娘の恋人が

娘の父親にいうようなセリフが

飛び出します。

 

勢いに押されて航太は

「じゃあ、お願いします!」

とその場で即答します。

 

船に戻る航太

母親が病気ではないと知り、

安心して実家を離れる航太

 

夜道を歩いていると目の前

に眞子が現れます。

 

眞子は船に戻ってきて欲しいと

みんなが言ってるから一緒に

帰ろうと言います。

 

ミナちゃんミナちゃん

一番航太に帰ってきてほ
しいのは眞子本人なん
ですが、その気持ちは
ごまかしちゃうんですね!

 

航太が船に携帯電話を忘れて

おり、それを届けに眞子は

北海道まではるばる一人で

やってきたのでした。

 

その様子を陰でこっそり

見守っている人がいました。

航太の母親です。

 

母親は傘を渡そうと追いかけて

きたのですが、航太と眞子が

一緒に歩いているところを見て

二人の関係に察しがついたようです。

 

「あの子にもいい人ができたんだ!」

と声をかけるのをやめて

と母親は喜ぶのでした。

 

眞子はナイトクルージングに

一緒に行く約束をしてたことを

いいますが、航太はうっかり

忘れていました。

 

二人が船に戻ると出迎えがない

と見せかけて、他の船のみんな

はクリスマスパーテイの準備を

して二人を出迎えるのでした。

 

航太に思いを
告げる眞子

 

航太はパーティにちょっと

疲れて明かりの消えた診療所の

待合室で一人休んでいました。

そこに眞子がやってきます。

 

眞子は航太が帰ってきて嬉しい

という気持ちを素直に伝えます。

 

それに対して航太が

「ん?眞子ちゃんもしかして

僕のこと好きなの?」と茶化した

感じで聞くと

 

はい!そうです!

と眞子はあっさり航太が

好きなことを認めてしまいます。

 

まあここまでの言動から

眞子の気持ちは視聴者には

丸わかりですけど、初めて口に

出して認めてしまったわけです。

 

しかも、その直後に「先生の方は

どうなんですか?」と航太の目を

じっと見て聞いてきます。

 

今まで数多くの女性に振られ

続けてきた航太は予想外の

眞子の態度にうろたえてしまいます。

 

ミナちゃんミナちゃん

普段はちゃらいけど本当
に好きな人には素直に
なれないんですね!

 

ならば無理に答えなくていいですよ!

と答えを聞かずに済ませよう

とする眞子

 

航太はまじめに答えようとしますが、

その様子を他の船のメンバー全員が

除き見してることに気づき、

ストップします。

 

そこで航太はナイトクルージング

のチケットを眞子に見せます。

 

ナイトクルージング
で航太の告白

 

船の外に出た航太と

眞子の二人

 

事前に航太が船長に頼んで

おいたのか、船の外装には

大量のクリスマスのイルミネーション

が取り付けられていました。

 

航太はさきほどみんなの覗き見

で邪魔されてしまった告白の続き

をしようとしますが、やはり

「もういいですよ!」と話を

はぐらかそうとする眞子

 

ミナちゃんミナちゃん

眞子としては自分の
気持ちを伝えただけで
満足していたんですね。

 

でも

航太は僕も眞子ちゃんが好き!

とちゃんと告白します!

 

振られ続けてきた航太は最後の

最後でようやく女性と両想いに

なれたのでした。

 

眞子は嬉しそうに航太の肩に

自分の頭をうずめます。

「だから、もういいってば!」

と言いながら。

 

目を閉じてキスをせがむ航太、

眞子は微笑むとキスをして

あげるのでした。

 

松田翔太も武井咲も個人的に

大好きな役者さんなので、この二人

のハッピーエンドになって見ている

私も幸福感いっぱいになりました。

 

この二人本当にくっついたらいいのに!

と妄想してしまうぐらいこのドラマに

はまってしまってました!

 

ミナちゃんミナちゃん

今は二人とも別の人と結婚しちゃいましたね!

 

特に眞子が一人で部屋で航太が

くれたプレゼントの数々を見て

いるシーンは切なくなりますし、

一番大好きなシーンですね。

 

 

眞子の気持ちが
わかるのは?

 

実は

眞子が航太に好意を持ってること

が判明するのは最終回ではなく、

ちゃんとその前の回で伏線があります。

 

ある日、眞子が風邪を引いてしまいます。

丈夫で寝込んだことがない眞子が

寝込むなんて相当やばいウイルスだと

船のみんなが恐れてしまい、その看病を

航太に押し付けます。

 

ミナちゃんミナちゃん

でも、これで2人の距離が
縮まったんですよね!

 

その眞子の看病で、航太が眞子の

口の中を診断のためにのぞき込んでいる

ところを三崎 昇(福士蒼汰)が見て

2人がキスしてる=この2人は

付き合ってるのだと誤解してしまいます。

 

眞子にずっと片思いしていた、昇は

ショックを受けてしまいます。

 

結局それは誤解だとあとで眞子に

知らされて、昇は安心するのですが、

「じゃあ航太先生のことなんとも

思ってないんですか?」と聞かれて

眞子は黙ってしまうのです。

 

また、内村 葵(藤原紀香)の

妹の内村 巴(榮倉奈々)に惚れて

船を出ると航太が宣言したときは

それまでは呆れていただけの眞子が

明らかに嫉妬で怒ってしまうんです!

 

そして結局振られて戻ってきた航太

に対して「いつも簡単に女性に惚れて

船を降りるって言ってますけど、それで

本当にうまく言っちゃったら、船のみんな

のお別れになっちゃうですよ!

船のみん名と別れて寂しいって気持ちは

ないんですか?」と問い詰めます。

しかし、航太に

「じゃあ眞子ちゃんは僕がいなくなったら

寂しいの?」と聞かれて

「私が聞いてるんです!」と言いながらも

困ってしまうのでした。

 

この辺から眞子の気持ちがわかって

最終回でちゃんと気持ちを伝えてるんですね。

 

毎回、ヒロインが出てきますが、結局

真のヒロインは初めから登場していた

眞子だったってことです。

 

名探偵の掟という
ドラマもおすすめ!

 

海の上の診療所のチャラいキャラの

松田翔太にはまった人におすすめしたいのが

2009年に放送されたドラマ「名探偵の掟」です。

 

このドラマでは、松田翔太は

天下一大五郎という名前の探偵役

として出てくるのですが、

全然かっこよくなくて面白いのです!

 

残念ながらこのドラマを配信している

VODサービスは2018年10月時点では

存在しないようですが。