• 映画「ボヘミアン・ ラプソディ」
    のあらすじネタバレ
  • 映画「ボヘミアン・ ラプソディ」
    の動画を無料視聴する方法は?

映画「ボヘミアン・ ラプソディ」は

イギリスの伝説のバンド「クイーン」

の実話をもとにした感動の物語です。

 

映画は2018年11月に日本でも公開

されました。

そして

日本でも興行収入が100億円を

超えるメガヒットとなりました。

 

クイーンは男4人組のバンドです。

ボーカルを務めていたフレディ・マーキュリー

さんはすでに亡くなっています。

 

クイーンの局はキムタク(木村拓哉)主演

ドラマの主題歌でも使用されていましたね。

他のSMAPのメンバーは主役になるドラマ

ではSMAPの新曲を主題歌にしていましたが

キムタクだけはそんなのださいぜ!と

(と思っていたのかどうかは知りませんが)

このように主題歌に洋楽を取り入れていました。

 

この記事では映画「ボヘミアン・ ラプソディ」

のあらすじネタバレや動画を無料視聴する

方法について紹介していきたいと思います。

 

映画「ボヘミアン・ ラプソディ」公式サイト

映画「ボヘミアン・ ラプソディ」
のネタバレ

映画「ボヘミアン・ ラプソディ」
のキャスト

 

ミナちゃんミナちゃん

まずバンド「クイーン」のキャストはこうなっています。

 

ラミ・マレック(フレディ・マーキュリー役)

ブライアン・メイ(グウィリム・リー役)

ジョセフ・マッゼロ(ジョン・ディーコン役)

ベン・ハーディ(ロジャー・テイラー役)

バンド内での楽器の担当としては

フレディがリードボーカル ピアノ

ブライアンがギター、ジョンがドラム、

そしてジョンがベースです。

 

伝説のバンド「クイーン」を演じるのは

役者たちにとっても大変なプレッシャーだ

だったそうです。

 

特に

ボーカルのフレディ・マーキュリー役を

演じたレミ・マレックさんはカリスマ的

存在のフレディの役作りに一年もかけた

のだそうです。

ミナちゃんミナちゃん

それだけ演じるのが恐れ多かったということですね。

 

フレディ・マーキュリーは幼少時は

インドに住んでいた移民でした。

レミ・マレックもエジプトから

アメリカへの意味だったそうで、

そういう共通点を見つけたことで

フレディー・マーキュリーの内面に

近づけたと言っています。

 

他の主要キャストとして

ルーシー・ボーイントン

(メアリー・オースティン役)

がいます。

メアリーはフレディと恋仲になり、

婚約までするのですが・・・

 

クイーンのデビューまで

1970年のロンドン。

若者、フレディ・マーキュリーは

ミュージシャンとして成功すること

を夢見てライブハウスに通っていました。

フレディはあるバンドのボーカルが脱退

したことを知ります。

そして、自分にボーカルをやらせてほしい

と残りのメンバーに自分を売り込みます。

ギタリストのブライアン・メイとドラマーの

ロジャー・テイラーはフレディの歌声を

聞いてすっかり惚れこんでしまいます。

1年後、ベーシストのジョン・ディーコン

がバンドのメンバーとして加入します。

4人はバンド名を「クイーン」に決めました。

ミナちゃんミナちゃん

ここに伝説のバンド「クイーン」が誕生したのです。

クイーンはアルバムを制作します。

イギリスのテレビ番組に出演を果たした

クイーンは「キラークイーン」という

シングルを発表します。

「キラークイーン」は大ヒットし、このこと

から「クイーン」の名はイギリス中に知れ

渡ることになりました。

(余談になりますがこの「キラークイーン」、

人気漫画「ジョジョの奇妙な冒険」でも

スタンド名として使われています。)

その後も、4人のメンバーは挑戦を続け

次々にヒット曲を生み出します。

 

ボヘミアン・ラプソディの発表

ボーカルのフレディはその活躍によって

「史上最高のエンターティナー」とまで

言われるようになりました。

全米ツアーまで果たしたクイーンは

映画のタイトルにもなっている大作

「ボヘミアン・ラプソディ」を作成します。

「ボヘミアン・ラプソディ」は当初は

評判は芳しくなかったかのですが、世界中

では評価されます。

このことから「クイーン」は世界的な

スターの座に上り詰めました。

 

クイーン解散の危機

しかしながら、フレディは次第に他の

メンバーとの関係が悪くなっていき、

孤立してしまうようになります。

プライベートでもフレディには婚約者

との破局などの苦難が襲い掛かります。

原因はフレディのセクシャリティに

ありました。

実はフレディは男性にも女性にも

恋愛感情を持ってしまう「両性愛者」

だったのです

そのことに気づいたメアリーはフレディ

に別れを告げました。

精神的に追い詰められていくフレディ・・・

フレディは他のレコード会社とソロ契約

を結んでしまいます。

そのことが「クイーン」の他の3人との

関係を決定的に悪くしてしまいます。

 

ライヴ・エイドへのオファー

アフリカの難民を救済するためのチャリティ

コンサート、「ライヴ・エイド」にクイーン

を出演させたいというオファーが来ます。

しかしマネージャーのポール・プレンター

はその話をわざとフレディに伝えずに

いました。

そのことを知ったフレディは激怒して

ポールを解雇してしまいます。

フレディは別れてしまった元婚約者、

メアリーの言葉もあり、クイーンこそが

自分の本当の家族であり仲間なのだと

自分が裏切ってしまったことを反省します。

フレディはこのころ血を吐いて倒れます。

病院に行き医師から聞かされた病名は

HIV(後天的免疫不全症候群)、当時は

治療方法のない死の病でした。

 

フレディはクイーンの他のメンバー3人

に謝罪します。

最初はフレディの謝罪を3人は受け入れ

ようとしませんでしたが、ギャラは

均等にする、誰が作曲しても必ず

クイーンの名義にすることなどの

条件を出し、ようやくメンバーと

和解します。

そしてクイーンは「ライヴ・エイド」

出演のために練習を再開します。

HIVのことも聞かされていたメンバー

はフレディの身体を心配しますが、

フレディは大丈夫だからと言います。

 

ライヴ・エイドへの出演

そして1985年7月13日、クイーンは

ライヴ・エイドへ出演します。

ライブは大成功します。

観客はみんなフレディに合わせて

一緒に歌いました。

フレディはクイーンのメンバーたちを

振り返り見ながらステージを後にする

のでした。

 

フレディ・マーキュリーの
その後は?

映画はライヴ・エイドのシーンで終わり

ますがその後のフレディはどうなったの

でしょうか?

ライヴ・エイドの後にもクイーンは

「カインド・オブ・マジック」という

アルバムを発表して、大ヒットしました。

さらには

アルバム発表後に行われた「マジックツアー」

も大成功を収めました。

しかし「マジックツアー」がクイーンの

4人がそろった最後の音楽活動になって

しまいました。

 

フレディ・マーキュリーはライヴ・エイド

から6年後、HIVによる感染合併症

によるニューモシスチス肺炎により死去

しました。

まだ、45歳の若さでした。

2019年4月現在、クイーンの他のメンバー

3人、ブライアン・メイ、ジョン・ディーコン、

ロジャー・テイラーは健在です。

 

クイーンは日本人にも
愛されていた

はじめに紹介したようにクイーンの曲

はキムタク(木村拓哉)のドラマでも

使用されています。

クイーンの活動初期から日本のファンは

多かったそうで、クイーンは日本での

コンサートを50回以上も行ったそうです。

 

映画「ボヘミアン・
ラプソディ」を
無料視聴するには

映画「ボヘミアン・ラプソディ」は

日本でも100億円の興行収入という

超ヒット作です。

クイーンファンでもそうでなくても、

まだ見ていないならばゴールデンウイーク

など時間が取れる時にご覧になっては

いかがでしょうか?

 

話題の映画「ボヘミアン・ラプソディ」

を無料視聴するにはVODサービスを

使用することがおすすめです。

 

FODプレミアム

映画「ボヘミアン・ラプソディ」 は

FODプレミアムで配信中です。

FODプレミアムの場合、映画

「ボヘミアン・ラプソディ」は

字幕版と吹き替え版があります。

両方とも視聴には400ポイント

必要です。

しかし

FODプレミアムは無料トライアル

の一か月だけで1300ポイントも

もらえてしまうんです。

ミナちゃんミナちゃん

月額料金が888円(税別)なのでありえないぐらい気前がいいのです。

無料お試しはコチラ

 

*2019年4月の配信状況です。

最新の配信状況はFODプレミアム

公式サイトで確認してください。

 

U-NEXT

映画「ボヘミアン・ラプソディ」 は

U-NEXT でも配信中です。

 432円のポイントまたは課金が必要な

レンタル作品になります。

 

ただし U-NEXTは無料トライアルで

いきなり600円分のポイントが 付与

されるのでそれを使えば

映画「ボヘミアン・ラプソディ」

の動画の無料視聴が可能です。

無料お試しはコチラ

*2019年9月の配信状況です。

最新の配信状況はU-NEXT公式

サイトで確認してください。

 

「ボヘミアン・ ラプソディ」
ってどんな曲

そもそも映画のタイトルにもなっている

クイーンの「ボヘミアン・ ラプソディ」

がどんな曲なのか、知らない人のために

少し説明します。

 

まず

タイトルの「ボヘミアン・ ラプソディ」

は訳すと「放浪民的な狂詩曲」という

意味のようです。

「ボヘミアン」というのはもともとは

ボヘミア地方という場所に住んでいる人

たちを意味していました。

しかし、その言葉の意味は自由気まま

に生きる人という意味になっています。

 

映画の本編でもその話がありますが、

6分という比較的長い曲です。

作者であるクイーンのボーカル、

フレディ・マーキュリーはこの曲、

「ボヘミアン・ ラプソディ」の

歌詞の意味について何の解説も

しませんでした。

なので、

この歌詞の意味をどうとらえるかは

聴く人それぞれが考えるしかないと

ことですね。

歌詞の内容を簡単に書くと

「あるボヘミアンの少年が拳銃で人を

殺してしまった。

そのことで自分の母親を悲しませて

しまったことに罪悪感を感じている。」

 

すみません!

 

正直言ってこんな内容の歌がどうして

大ヒットしたのか私にはさっぱり

わかりませんでした。

 

ミナちゃんミナちゃん

ロック聴く人なら共感できるんですかね・・・